読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泥酔デザイナーの酒と山の日々

家呑みデフォ、酒と山の記録を坦々と。最近は放置気味です・・・

醸し人九平次 Rendez-vous(日本酒・愛知県)

日本酒(愛知県) まとめて日本酒

大晦日に呑んでいた酒を。

 ひとつは久保田 千寿。これはこの前から飲んでいるもの。

 

それに加えて開封したのは

 

f:id:kazzyan:20150101004159j:plain

 

萬乗醸造醸し人九平次 Rendez-vous(ランデブー)2014」

720ml、2,160円(税込)。

 

我が地元、名古屋が誇る有名ブランド、醸し人九平次

「別誂(べつあつらえ)」は値が張るので取り扱い店に残っていることも多いが、それ以外は発売されるとすぐ品切れになってしまい、手に入りづらかったりする。

 

このRendez-vousも然り、入荷を知り1週間程前に購入。店頭にはまだ4〜5本は置いてあったが、これを書いている時点ではもう品切れ。

人気に加え、年末年始はいい酒を呑みたいのは皆さん同じでしょうか。

 

九平次は以前、その「別誂」と「純米吟醸 山田錦」を頂いたことがあり、あまりの旨さに驚きの声をあげながら、つい地元を誇りに思ってしまったほど。

 

あじわいは折り紙付き。夕食とともにいただきます。

 

追熟した果実のような、フルーティーな甘みが香る。

口に含むと甘みの香りとは違い、酸味が主張た後に甘みがやってくる。口の中は幸せ一杯。

 

辛口の白ワインに近い旨さ。

といっても、高価な白ワインはあまり飲まないから、この表現はあっているのかどうかは疑問。けど、そんな感じに思えてしまう。

Rendez-vousは欧州マーケットを考えて作られた酒。

なのでラベルもワインのようにお洒落な仕様。

海外ではワインのように呑まれていることを考えて頂くと、これまた味わい深し。

f:id:kazzyan:20150101024450j:plain

 

少しだけぬる燗にしてみると、甘みが前面に出てきて酸味が隠れて風味がガラリと変わる。柔らかな味わいで、これまたいける。

思わず、白ワインもぬる燗にしたら旨いかも、なんて思ってしまった。(ホットワイン、てのもあるし)

 

f:id:kazzyan:20150101030613j:plain

 

ちなみに今日は塩ちゃんこ鍋と鮪の中トロで合わせたが、脂ののった中トロはちょっとあわなかったので、そこは久保田とチャンポンして頂きました。

 

 ブログ書いてたら年を越してしまった、、、

 

 

今年も何とか続けます。