読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泥酔デザイナーの酒と山の日々

家呑みデフォ、酒と山の記録を坦々と。最近は放置気味です・・・

竜頭山に登る。

f:id:kazzyan:20150407131411j:plain

4月第1週の土曜日、奥三河の竜頭山(りゅうずさん)まで車を走らせた。

竜頭山はその山頂と、「小竜頭」「大竜頭」から成る低山。

f:id:kazzyan:20150407131427j:plain


8:00頃、下小滝の登山口よりスタート。

f:id:kazzyan:20150407131438j:plain

f:id:kazzyan:20150407131456j:plain

f:id:kazzyan:20150407131513j:plain

アカヤシオ里山にも春の彩り。

f:id:kazzyan:20150407131526j:plain

f:id:kazzyan:20150407131534j:plain

ひと登りして小竜頭の分岐。北方面は小竜頭、南方面は竜頭山山頂。
まずは小竜頭へ。

f:id:kazzyan:20150407131551j:plain

f:id:kazzyan:20150407131601j:plain

f:id:kazzyan:20150407131618j:plain

小竜頭到着。


北東側に開けた展望には・・・

f:id:kazzyan:20150407131635j:plain

手前に笹頭山、

f:id:kazzyan:20150407131652j:plain

左から大鈴山、平山明神山、鞍掛山などなど。

抜けのいい日は南アルプスも見えるらしい。

 

分岐まで戻り、竜頭山方面へ。

f:id:kazzyan:20150407131803j:plain

f:id:kazzyan:20150407131814j:plain

f:id:kazzyan:20150407131831j:plain

f:id:kazzyan:20150407131844j:plain

9:30、竜頭山(752.3m)に登頂。

展望は全くなし。今度はその先にある「大竜頭」を目指す。

f:id:kazzyan:20150407131855j:plain

f:id:kazzyan:20150407131908j:plain

f:id:kazzyan:20150407131921j:plain

大竜頭の真下にある道標。

大竜頭は一応ピークなのだが、どちらかといえば大きな岩みたいなもの。
手も使いながら急登を登っていく。

f:id:kazzyan:20150407131713j:plain

f:id:kazzyan:20150407131727j:plain

f:id:kazzyan:20150407131736j:plain

f:id:kazzyan:20150407131749j:plain

大竜頭に到着。頂上は、石垣で組まれた修験場の跡地になっている。

登っては見たものの曇天で見晴らしも悪いのでさっさと下り、元来た道を15分ほど歩いて・・・

f:id:kazzyan:20150407131940j:plain

こんな標識の所に戻る。

 

ここからが本日のお楽しみ。

f:id:kazzyan:20150407131958j:plain

竜頭山に戻らず、小竜頭分岐点までをショートカット。
道なき道を歩くため、(簡易だが)スマホGPSロガーを見ながら森の奥へ進む。

f:id:kazzyan:20150407132013j:plain

f:id:kazzyan:20150407132023j:plain

f:id:kazzyan:20150407132037j:plain

森、といってもそこそこ見通しが良く、危険箇所もほとんど無い。

もちろん気を抜くと遭難してしまう恐れもあるが・・・

f:id:kazzyan:20150407132048j:plain

戻るべき稜線が見えた。

f:id:kazzyan:20150407132104j:plain

40分かかるところを13分と、大幅な時間短縮で戻って来られた。
あとは来た道を下るだけ。

f:id:kazzyan:20150407132203j:plain

f:id:kazzyan:20150407132148j:plain

f:id:kazzyan:20150407132134j:plain

f:id:kazzyan:20150407132126j:plain

f:id:kazzyan:20150407132117j:plain

11:05には下山。本日は誰とも会わない静かな山行だった。

 

「奥三河名山八選」のひとつに選ばれている竜頭山。
その名に恥じない、楽しめる低山としてオススメです。