読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泥酔デザイナーの酒と山の日々

家呑みデフォ、酒と山の記録を坦々と。最近は放置気味です・・・

上撰 蓬莱〈カップ〉(日本酒・岐阜県)

f:id:kazzyan:20150415110127j:plain

渡辺酒造店「上撰 蓬莱」
180ml180円(税込)

飛騨古川にある渡辺酒造店。地元飛騨においてこの「蓬莱」は、もっとも飲まれている酒ということらしい。カップのイラストも「高山祭」の屋台(高山でいう山車)をあしらい、地酒気分を盛り上げてくれる。

f:id:kazzyan:20150415105317j:plain

「上撰 蓬莱」自体、一升瓶の価格は2,000円弱。そう考えると、メチャクチャ安いワケではない。

 

そのカップ酒が今宵のお供。

f:id:kazzyan:20150415105349j:plain

開封後、軽くセメダイン系の上立ち香が鼻をくすぐる。こういう香りも正直嫌いじゃない。

飲んでみるとさらっと甘さを感じ、早い段階で酸味に丸め込まれてすぐに苦みがやってくる。柔らかくて意外と飲みやすい。甘みを抑えた分全体的に大人しく淡麗的味わいだが、旨みはきちんとある。

今日の晩飯のメインはおでんだったが非常によく合った。淡泊な魚介系にも、飛騨名物・朴葉味噌のような味付けにも合いそう。

何の料理にでも合い、何も考えずに呑み、どんな場面にも寄り添う飽きの来ないお酒。・・・たしかにこれなら地元での高いシェアにも納得。勝手な解釈ですが、飛騨の暮らしを垣間見るような酒でした。

 

f:id:kazzyan:20150415105427j:plain

 

これを書いている時、偶然にも「春の高山祭」をTVのニュースで取り上げていた。

例年なら街の方々も祭りで一杯、といきたいところだろうが、今年はあいにくの雨で屋台を轢く事ができず、蔵を開けてお披露目だけという、ちょっと残念な話題だった。