読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泥酔デザイナーの酒と山の日々

家呑みデフォ、酒と山の記録を坦々と。最近は放置気味です・・・

三岳(芋焼酎・鹿児島県)

芋焼酎(鹿児島県) まとめて焼酎

f:id:kazzyan:20150514234021j:plain

三岳酒造「三岳」
900ml、1,200円(税込)

 

会社の事務員さんから、里帰りしてきた九州のお土産を頂いた。

辛子蓮根。おお、大好物。蓮根のシャキシャキ感と鼻から抜ける辛子味噌の爽快感。蓮根好きならたまらない味。
本日のアテはこれで決まり。仕事を終えてサッサと帰宅、キッチンでさっそく辛子蓮根を薄切りに。

 

f:id:kazzyan:20150514170812j:plain

頂いた土産は「いなり屋本舗」の辛子蓮根

 

f:id:kazzyan:20150514170710j:plain

親切に食べ方が載っている外袋、マヨネーズもOKなのか。

 

日本酒を・・・と思ったがやはり九州土産、ここはやはり焼酎じゃあないの、とストックの三岳を用意する。

f:id:kazzyan:20150514170904j:plain

辛子蓮根は薄切りに。まずは辛子蓮根。やはり、やはり、辛い! ツンと抜ける辛子味噌と素朴な味わいの蓮根とのコラボレーション。辛ウマイ!

これを三岳のロックで流し込む。

三岳も大好きな焼酎。円やかでフルーティな芋の甘味、決してくどくなく、甘味がほどよく後を引く旨さ。ロックでもクイクイいけるので後がヤバイ芋焼酎

辛子蓮根の辛味が口いっぱい広がる中に三岳が登場。鼻から抜けていた辛みが、今度は芋焼酎独特の芋のくさみに変わる。この匂いがたまらなくいい。辛子味噌を芋の甘味で和らげるか、と思いきや、芋の甘味など何処へやら、焼酎のもつサッパリ感だけが目立つ感じで蓮根を流し込んだ。

手強い辛子味噌に刃が立たなかった・・・が、他の料理でしっかりと芋の甘味を堪能する。

しかし、なんだかんだで三岳と辛子蓮根で箸を進めて食べ終えた。いろいろ書いたが結局のところどちらも大好物なので、どうやって食って呑もうが、旨いんだよね。

・・・ていうか 後で気づいたが、熊本は「芋」じゃなくて「米」じゃないか!

「三岳」じゃなくて「白岳」、岳違いでガッカリ。

 

それはさておき・・・

 

f:id:kazzyan:20150514170948j:plain

マヨネーズを付けてみた。

確かにマイルド。辛味をマヨが包み込んで食べやすい事この上ない。

が・・・やっぱり何も付けず、そのまんまの味がいい。

 

オッサンにもなると、いろいろと刺激が欲しい生活を送っているのです。