読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泥酔デザイナーの酒と山の日々

家呑みデフォ、酒と山の記録を坦々と。最近は放置気味です・・・

酒屋八兵衛 純米ひやおろし(日本酒・三重県)

f:id:kazzyan:20151112004026j:plain

元坂酒造「酒屋八兵衛 純米ひやおろし

720ml、1,365円(税込1,474円)


三重県はお伊勢さんの西に蔵を構える元坂酒造さんの酒屋八兵衛。以前はあまり見かけなかったが、いつの間にか行く酒屋行く酒屋で見かけるようになった。

それほど知識がないので何だが、ちょっと前までは県内消費90%だったと言うのだから、営業さん頑張ったんだろうな、なんて思ったり。

コスパが良さそうな「うっかり八兵衛」から山廃までいろいろあり、これからもシェア伸ばしそうだなぁ、とも思ったり。いや、それほど知識がないので何だが。

と言う訳でひやおろし、頂きます。

f:id:kazzyan:20151112004043j:plain

脱がせてみると・・・ちゃんとラベル、ありました。

 

上立ち香は軽めながらリンゴのような爽やかさ。スーッと鼻腔を通りすぎ、今日の疲れを癒してくれる。
(この日も目一杯ブラック残業してきました・・・)

一口含むとその香りどおり、これまた爽やかな第一印象を与えてくれる。ほどよい酸がそう感じさせたのだが、その奥に円やかさもあり、おかげで淡麗なるも辛さを抑えられている感じがあって、ぐったりした体には優しい味わい。余韻は後を引かず最終的な印象は始めに戻って爽やか。

 

本日はしめ鯖、鍋焼きうどんなどで飲んだが(真夜中です)、しめ鯖よりもの濃い味の肴がよくあった。燗なら印象も変わるのだろうがこのまま呑み進める。いやぁ、旨かった。

f:id:kazzyan:20151112004111j:plain

スペックを見るがあまり細かいことは記載していない。いろいろ調べてみたがこのひやおろし、原料米は山田錦と五百万石・・・らしい。

ただこの蔵の看板米は「伊勢錦」といって、昭和25年に姿を消したこの米を蔵元の元坂新氏が種籾から3年がかりで増やし、平成元年に酒として蘇らせたという酒米。山廃あたりでこの米を使っているので、この次はそちらを買ってみたいと思っとります。