読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泥酔デザイナーの酒と山の日々

家呑みデフォ、酒と山の記録を坦々と。最近は放置気味です・・・

ホセ・クエルボ(メキシコ・テキーラ)

f:id:kazzyan:20160129015443j:plain

ホセ・クエルボ社
「ホセ・クエルボ(エスペシャル ゴールド&シルバー)」
各750ml

 

頂き物です。

酒を頂いた方の娘さんがメキシコ人のCさんと結婚して、日本に来る際にご近所からお土産にテキーラをと頼まれ、現地で買ってきたものの、日本でアサヒビールからフツーに売られている事を知り「こりゃ渡せない」という事で、譲り受けたもの。

Cさんは全く酒が飲めないので、それ故、現地で一般的なものを買ったのであろう。


有り難く頂戴したはいいものの、テキーラなんぞちゃんと飲んだ事がない。

バブル時代に、どこぞのカフェバー(・・・懐かしい)でカクテルとして飲んだかもしれないが、当時の若造には、カクテルなんぞただのアクセサリー的はなアイテムのひとつ。「ハートカクテル」なんて漫画が流行っていたりとか、今思うと気恥ずかしい時代が蘇る。もっとも、個人的にはそれほどバブルの恩恵はなかったような気もするが。


・・・さておき、飲み方が分からないので、ネットにていろいろ探る。

 

一番ポピュラーな方法、としては、

1. 準備として、ライムをくし切り、親指の付け根に塩を置き、
2. ライムを口に含んで果汁を口内に残しつつ、
3. テキーラを一緒に含んで流し込み、
4. 最後に付け根に置いた塩を舐める

・・・らしい。

 

こんな感じ。

f:id:kazzyan:20160129015641j:plain

f:id:kazzyan:20160129015529j:plain

これはゴールドの方です

 

慣れないスタイル、家族に冷たい視線を投げかけながらも頂くと・・・

 

ウマッ!

 

若干甘めのテキーラの風味をライムが上手に中和させてくれる!

正直、手に置いた塩は、メキシコの気候なんかだと塩分補給としても効果があろうが、真冬のこの時期の日本では、塩分の摂りすぎという不安しか残らない・・・

それにしても、ライムはすこぶるいい。40度というテキーラのアルコール度数を感じさせない、いい仕事をしている。

メキシコの酒は、コロナビールもそうだが、ライムあっての味わいなのかもしれない。

f:id:kazzyan:20160129015715j:plain
似たような写真しかありません・・・

 

本日はテキーラに合わせて、トルティーヤにチリコンカン、チキンのチリソース掛け、みたいなメキシカンフェアを夕食で実施、嫁と子供を置き去りに自分一人、メキシコな夜を味わった冬の夜。

 

f:id:kazzyan:20160129015829j:plain

夕食後は一人コロナビールで締め、メキシコナイト終了・・・


ちなみにシルバーは、

f:id:kazzyan:20160129015901j:plain

その後、コアントローというホワイトキュラソーを購入し、

テキーラコアントロー=2:1の割合で作る「フレンチ・カクタス」というカクテルでも頂いた。


手軽に呑むならジントニック+ライム(レモン)でも十分に美味しいし、意外とテキーラ、やるじゃん、てな酒でした。


(いい加減な飲み方すると、テキーラファンには怒られそうだが・・・)