読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泥酔デザイナーの酒と山の日々

家呑みデフォ、酒と山の記録を坦々と。最近は放置気味です・・・

新政 Colors 生酛純米 瑠璃〈ラピスラズリ〉(日本酒・秋田県)

f:id:kazzyan:20160505230709j:plain

新政酒造「新政 Colors 生酛純米 瑠璃〈ラピスラズリ〉」
720ml、1,574円(税込1,700円)


新政のColorsシリーズ。酒こまちで醸した「生成〈エクリュ〉」と美山錦で醸した「瑠璃〈ラピスラズリ〉」。

開栓したのは2本同日、今回はブルーなラベルが綺麗なラピスラズリ

 

f:id:kazzyan:20160505230749j:plain

f:id:kazzyan:20160505230829j:plain

酒米は信州で生誕、秋田の湯沢市栽培されている「美山錦」100%使用。精米歩合は麹米40%、掛米50%、アル分は15度原酒、酵母は協会6号。

上立ち香自体はエクリュとほとんど変わらない程、うっすらとしか香らない。が、含んでみると明らかにエクリュとは異なり、より鮮やかな酸を感じさせる。エクリュが「マスカット」ならば、ラピスは「姫リンゴ」といったところか。雑味なし、トータルな味わいとしては軽め、後半もスーッと綺麗に消えていく感じで、なにか食前酒を思い起こさせる程、呑みやすい出来映え。これも旨い。

さて、これもエクリュと同様、数日後の食卓に上げる。酸は幾分落ち着き、これも旨味成分がひょっこり顔を現し始めいい感じに変化、日数を置いた方が断然好きな味わいとなった。


というワケでエクリュとラピス、どちらもメチャクチャ旨かったのだが、個人的な好みだとエクリュの方が好みな味だろうか。エクリュは王道、ラピスは繊細な舌を持っていれば面白く味わえるのだろうな、などと考えつつ飲み終えたのであった。

他のカラーズ(酒米)も見つけたら、こりゃ買うしかないだろうなぁ。

 

f:id:kazzyan:20160505230936j:plain