読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泥酔デザイナーの酒と山の日々

家呑みデフォ、酒と山の記録を坦々と。最近は放置気味です・・・

どろどろ濁原酒(日本酒・岐阜県)

f:id:kazzyan:20170112133828j:plain

舩坂酒造店「どろどろ濁原酒」
180ml、税込430円

御嶽山の麓、濁河温泉内の旅館の、土産店で購入。濁りが何種類か置いてある、とっても濃そうなコーナーがあったのだが、この日、4合瓶の濁りにはためらいがあったのでカップ酒を購入。

しっかり冷やして開栓。口当たりのどろ感はハンパないが、思った以上にスッキリとした味わい。旨い。コクがあるのにキレがある・・・とはどこぞのビールのCMみたいだが、そんな表現がピッタリあてはまる。アルコール度は18度と濁り的な度数だが、口当たりの良さのおかげでクイクイ呑んですぐ終了。これなら全然、4合瓶でも良かった。

f:id:kazzyan:20170112133854j:plain

舩坂酒造店は飛騨高山にある蔵。主力商品は「深山菊」や「飛騨の甚五郎」など。
飛騨の甚五郎・・・聞いたことがある。てことは結構有名な酒なのか・・・と思いきやよくよく考えてみると、聞いたことがあったのは日光東照宮の眠り猫で有名な彫刻師「左甚五郎」という名であった。

マギラワシイ・・・

 

f:id:kazzyan:20170112133912j:plain