読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泥酔デザイナーの酒と山の日々

家呑みデフォ、酒と山の記録を坦々と。最近は放置気味です・・・

雪の茅舎 純米吟醸 ひやおろし(日本酒・秋田県)

f:id:kazzyan:20160921154241j:plain

齋彌酒造店「雪の茅舎 純米吟醸 ひやおろし
720ml、1,500円(税込1,620円)


8月出荷のひやおろし

皆々様のブログ等での「ひやおろし」談義、興味深く拝読しておりますが・・・

購入日は9月の1日。ムムム・・・随分と、はよーございますね。

確かに、ひやおろしの出荷日って大切であります。


が、ワタクシなんぞは・・・ひやおろしと聞いただけで脳内には秋の虫が奏で始め、初物前の冷凍秋刀魚をムリヤリ食卓に引きずり出し、ガンガンかけたクーラーのもと、一杯飲みながら「秋だねぇ」と勝手にイベント化する、そんな酒でもあったりします。

まぁ酒造店に踊らされているワケですが、踊るのも嫌いじゃあナイ・・・知識のある方々からはなんか叱られそうな飲み方ですが、踊らにゃ損々てことで頂いております。

f:id:kazzyan:20160921154302j:plain

パイナップルを感じる上立ち香&含み香。日本酒ならではの甘味はすっかり影をひそめ、口中全体に広がるのは深〜い苦味と軽快でライトフルーティーな酸。とっても苦ウマな味わい。ただし角はなく、後半には柔らかさもあり、やはりこれからの秋の食材に合わせれば、間違いなく旨いはず。

いや、この酸と苦味の旨さ、さっぱりとした夏の食材でも十二分に生きるだろう。


・・・

ホラ、

「やっぱり早かったんじゃないの?」 

f:id:kazzyan:20160921154317j:plain

なんて言われそう・・・